Neteera(ネティーラ).

ミリ波レーダーを用い、非接触で生体反応を計測・モニタリング

人体から得られる生体データを用いた様々なソリューション開発をサポートします。

人体から得られる情報は多岐にわたり、今日のIoTが発達した社会においては、その情報をいかに取得し活用していくかが、画期的なサービスやソリューション展開にとって重要になっています。Netreera社のミリ波レーダー技術を用いれば、従来必要であった、人体と計測器をつなぐ必要がなく、生体情報を非接触かつシームレス、また継続的に計測することが可能になります。センシング技術と独自アルゴリズムにより、生体反応を活用した先進的なシステムやソリューション開発に必要な技術を提供していきます。

Neteera Technologies Ltd.(ネティーラ)について

イスラエルで2014年に創業したハイテク・スタートアップ企業です。独自のミリ波レーダー技術を用いて、遠隔(2メートル以内)から非接触で人間の生体反応(バイタルサイン)を検知し、モニタリングすることを可能にしました。さらに、専用のソフトウェア・アルゴリズムによって、実環境におけるノイズの除去と高精度の測定を可能にしています。プライバシーを守りながら人間活動をモニタリングし、様々な機器との連携を可能にするNeteeraのソリューションは、医療や福祉といったヘルスケア分野からスマートホームや車両機器などのIoT分野まで幅広い応用が期待されています。

独自のミリ波レーダー技術とアルゴリズム

ネティーラ社のミリ波レーダーと独自のアルゴリズムは、計測時に人と接触することなく、また衣服を着たままでも人間の微細な皮膚の動きを検知することを可能にしました。こうした人間の生体反応(バイタルサイン)―心拍数・心拍数間隔/変動・呼吸数・呼吸振幅などーを計測し、プライバシーを確保しながら継続的な人間活動をモニタリングすることで、病院、施設、職場、家庭等での新たなソリューションの開発を実現しています。安全性と品質に優れ※1、コロナ禍に直面する課題としても重要な、非接触かつシームレス、また継続的なモニタリング技術で、人間の生体反応の新たな測定基準と新たなサービス/ソリューションの技術基盤を提案・提供していきます。

患者や家庭において非接触かつリモートでの生体反応のモニターを可能にします

検知できる主な項目

※この他にも開発中および計画中の測定指標があります。詳しくはお問い合わせください。

心拍数(Pulse)

呼吸速度(RR)、吸気呼気比(I:E比)

心拍変動(HRV)

呼吸振幅(RA)

■特長

・照明や天候の影響を受けない ・プライバシーの確保 ・リッチなデータ分析 ・高精度 ・低消費電力
・優れた安全性 ・高い費用対効果 ・リモート計測が可能

■主な用途例
<ヘルスケア分野>

・患者の遠隔監視
・非接触での生体反応(バイタルサイン)の測定
・在宅医療と健康のためのモニタリング
・非接触検査による医療関連感染症(HAI)の削減
・検診における非接触での一次的検査
・赤ちゃんのモニタリング
・睡眠時無呼吸症候群の検出

<IoT分野>

・スマートホーム/スマート家電
・スマート家具/スマートバス(浴室)
・室内での人間活動のモニタリング/侵入者検知
・車内における子どもの置き去り検知
・車内での先進的ドライバー・モニタリング
・人数や座り位置等の車内測定 など

評価キットの提供

ネティーラ社では、実際に稼働するコンパクトな評価システムを用意しており、独自のミリ波センサーとアルゴリズムを同時提供しています。ハードウェアとソフトウェア、さらにGUI(グラフィック・ユーザー・インターフェイス)の提供により、振動やノイズの多い環境でも性能を発揮でき、OEMやデバイスメーカー、サプライヤーは、さまざまな方法で人間のモニタリングやシステム構築を試みることができます※2。また顧客の要望に合わせた、包括的なサポートサービスも行っています。

※1 医療機器の品質管理システム構築のための国際標準規格「ISO1348」、品質マネジメントシステムの世界的な基準である「ISO9001」を取得。
※2 APIを介して、サードパーティ製のデバイスやプラットフォームに組み込み、統合することも可能です。

お問い合わせ

Neteeraに関するお問い合わせは、
下記またはお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

TEL: 03-6775-7450
Email:neteera@japan21.co.jp

【本国サイト】
https://www.neteera.com/

    お名前 (必須)

    会社名 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号(必須)

    題名

    メッセージ本文

    Back to Top