Gyrus(ジャイラス)AI社、J21とともに日本におけるML(機械 学習)/AI(人工知能)ソリューション事業を開始

― 顧客企業の業務の改善やコスト削減、新しい価値の創造をサポートー

ジャパン・トゥエンティワン株式会社(本社:愛知県豊橋市、代表取締役社長:岸本 賢和、以下:J21)は10月19日、顧客の業務効率改善を支援するエンタープライズビジネス向けML (機械学習) / AI (人工知能)ソリューションのグローバルテクノロジーリーダーのGyrus AI社 (本社:米国 カリフォルニア州 サラトガ、CEO:Chakra Parvathaneni)と、販売代理店契約を結び、日本国内のさまざまな業種向けに、BI (Business Intelligence /ビジネスインテリジェンス)、IoT予測分析(Predictive Analytics)、およびビデオアナリティクス分野で、ML/AIソリューションの導入促進事業を展開すると発表した。この戦略的パートナーシップは、当社ジャパン・トゥエンティワン株式会社の複数の垂直市場への広範なアクセスを活用することにより、Gyrus AIによる初の日本市場へのアクセスを提供します。

近年ではML/AIの隆盛により、さまざまな事象をデータとしてデジタル化し、解析・活用することが可能となり、すべての業界を大きく変革させることが予想されています。企業はビジネス環境の変化、顧客や社会ニーズを基に、ML/AIを導入・活用したデジタルトランスフォーメーションにより、あらゆる分野で業務・ビジネスプロセスの変革で競争優位性確保が求められています。ただし、最大限の可能性を実現するには、いくつかのボトルネックがあります。この分野での経験を持つGyrusは、エンタープライズ ビジネスでML/AIの導入をスムーズで対価が得られる導入しがいのあるものにトランジションしています。 Gyrusは、このトランジションをシームレスに行うために、ビルディング ブロック テクノロジーを開発・構築しました。 Gyrusは、インダストリアルIoT /ファクトリーオートメーション、スマートリテール、ライフサイエンス、ビデオストリーミング/放送業界向けアプリケーション スペシフィックな人工知能、機械学習、ニューラルネットワークモデルをサービスとして提供します (SaaSモデル)。

通常、既製のモデルはエンタープライズビジネス対応ではなく、3つの主要な領域で欠落しています。 Gyrusのフローは、結果に対するバイアスをチェックする特定のサポートモデルを持ち、説明可能性AIモデルを持ち、データをリーク(漏洩)しない差分プライバシーを採用することで、これに対処しています。 Gyrusは、MLとAIモデルを展開するためにタイムリーかつ段階的手法で顧客と関わり、ビジネスモデルは顧客の成功に結びついています。 Gyrusは、米国に本社を置き、インドのバンガルールとハイデラバードの2ヵ所にR&D拠点を構え、米国、ブラジル、日本、中国、インド向けのリテール、ヘルスケア、製造工場、ソフトウェア企業様向けに20以上のML/AIとニューラルネットワークモデルを導入することに成功しています。

Gyrus社の企業理念(フォーカスとこだわり)は、品質に妥協しないソリューションを開発・実装し運用頂くことです。

ジャパン・トゥエンティワン株式会社の代表取締役社長:岸本 賢和は、次のように述べています。「機械学習(ML)/人工知能(AI)テクノロジーがビジネス、デバイス、およびそれらの使用法のあらゆる側面を変革し、エンタープライズ対応のアプリケーション固有のML/AIモデルがこれまで以上に必要とされています。 Gyrusチームの知見やイノベーション力、実務経験の強力な基盤を活用し、国内のお客様の厳しい要件に対応するために必要なアプリケーション固有のML/AIソリューションを提供することで、顧客企業様の業務の改善やコスト削減、新しい価値の創造をサポートします。」

「ジャパン・トゥエンティワンは、日本でハイテクソリューションのビジネス開発を推進してきた非常に長い歴史と成功実績があります。これらは私たちのチームを強化するための大きな資産であり、日本国内でのGyrusソリューションを促進するための、このパートナーシップの締結に興奮しています。」と、GyrusのChakra Parvathaneni CEOは述べています。

■Gyrus AI Inc.について
エンタープライズビジネス向けML/AIソリューションのグローバルテクノロジーリーダーです。 Gyrusは、ML/AIベースの結果をサービスとして提供します。 Gyrusは顧客と協力して、複数の業種にわたるデータサイエンスのデータをクリーンアップ、正規化、および強化します。 Gyrusは、クリーンアップされた顧客データとGyrusデータセット/モデルに基づいてカスタムモデルを開発します。モデルは、説明性とバイアスチェックカウンターパーツとともに生産されています。詳細については、ホームページをご覧ください。
URL: https://www.gyrus.ai

Gyrus_AI社紹介ビデオのリンク先はこちら。
ソーシャルメディアでGyrusをフォローする。


Gyrus AI社のプレス発表に関する連絡先:
Mr. Dharun Selvaraj、Email:dharun@gyrus.ai、電話:+ 91-7975005210

■ジャパン・トゥエンティワン株式会社について
1992年9月に創業し、”イノベーションを市場化する”を掲げ、イスラエルを中心に世界最先端のハイテク企業の技術や製品のビジネス開発を日本で展開。主な取り扱い製品には、自動車の後付け衝突防止補助システム「モービルアイ」、車両の運行情報を管理・分析するフリートマネジメントシステム「イトラン」、タブレットの盗難防止製品「コンピュロックス」、プログラミング学習ゲーム「コードモンキー」、聴力アシスト機能付き無線イヤホン「BeHear® NOW」などがある。
URL: https://www.japan21.co.jp

■お問い合わせ先
ジャパン・トゥエンティワン株式会社
東京都港区高輪4-18-12
TEL: 03-5789-0021
Email: gyrus@japan21.co.jp
URL: https://www.japan21.co.jp