追突事故が約10分の1に減る衝突防止補助システムを体感! 秋のモービルアイ体験キャンペーンを実施

衝突防止補助システム「モービルアイ」の事故削減効果を実際に体験していただくため、一定規模以上の法人経営者の方を対象としたモービルアイ570のモニターキャンペーンを9月3日より実施します。自動運転にも使われるモービルアイの追突事故を防止するモービルアイの高度なテクノロジーを、経営者の方々が普段お乗りの車で体感できます。

ジャパン・トゥエンティワン株式会社(本社:愛知県豊橋市/代表取締役社長:加藤充、略称J21)がマスターディストリビューターとして販売しているモービルアイ社(本社:イスラエル)の後付け衝突防止補助システム「モービルアイ」は、2011年の発売以来、国内累計6万台以上を出荷。追突事故削減率は約88%を誇ります※。また国土交通省によるASV技術の事故低減効果の試算によると、衝突の危険や車線逸脱を知らせる警報装置は 衝突被害軽減ブレーキと同程度の事故削減効果があるとされました。

モービルアイは、先進運転支援システム(ADAS)が装備されていない車両、さらに衝突被害軽減ブレーキ装着車への追加的な安全対策として、運輸・運送業をはじめとした事業者様に評価され導入されてきましたが、依然として安全対策が十分であるとは言えません。

J21では、警報装置の有用性が理解され商用車への普及が進むことは、日本のドライバーの命を守り、より安全な車社会の実現に寄与すると考えます。そして事業者様にとって交通事故リスクの低減は、経営コストの低減にも大きく寄与できることは明らかです。今回のキャンペーンでは、追突事故等前方事故に悩む、バス・トラックなど法人経営者の皆様へモニター提供することにより、モービルアイの持つ、追突防止などの警報効果と、安全な運転技術やマナーの向上効果を実際にご体感いただけます。ご提供するのは最新モデルのモービルアイ570です。この機会にぜひご体験ください。

■キャンペーン概要

法人経営者様がお使いの車両へモービルアイ本体を1ヶ月無償で提供、その安全性をご体感いただきます。

申込期間 :2018年9月3日(月) ~ 10月31日(水)

FAXもしくはE-メールにてお申し込みを頂いてから9月18日(火)以降、条件が合致する会社様にご連絡、ご提供いたします。

  • 対象事業者:自社保有台数200台以上の企業・団体(グループ保有含)
  • 対象車両 : 代表取締役社長・会長様がお使いの車両(1台)
  • 付随要件 :取付け前後2回のお打合せ、事後アンケート
  • 貸出期間 :取付け作業終了後1か月間
  • 無償モニター機器 :モービルアイ570(取付工賃は、お客様のご負担になります)
  • 特典 :モニター期間終了後、2週間以内に50台以上をご導入の場合は、モニター機器を無償提供

■申し込み方法

ジャパン・トゥエンティワン株式会社にお電話かメールでお問い合わせください。モービルアイ代理店と商談中の事業者様は、代理店の担当者にご連絡ください

■諸注意

・今回のキャンペーンでは、10-20社程度を対象としています。ご応募いただいても、条件やタイミングによりご提供できない場合があります。
・すでにモービルアイをご使用していただいている事業者様は対象外になります。
・グループ会社合計で200台以上保有の場合は、グループ全体の機器導入権限がある場合に限らせていただきます。
・代表取締役社長・会長でなくても、車載機の導入決定権限ある方の車両もしくは、その判断が可能な車両であれば、キャンペーンを適用させていただきます。
・車種や年式により、取り付けることができない車両があります。
・キャンペーンを適用させていただいたお客様には、製品説明などのために取り付けの前後に打合せ、アンケートを実施させていただきます。
・キャンペーン対象車両の車検証、エンドユーザー利用規約をいただきます。
詳しくは、ジャパン・トゥエンティワン株式会社または代理店へお問い合わせください。

■衝突防止補助システム「モービルアイ」

ジャパン・トゥエンティワン株式会社(本社:愛知県豊橋市/代表取締役社長:加藤充)がマスターディストリビューターとして販売しているモービルアイ社(本社:イスラエル)の後付け衝突防止補助システム。ISO15623「前方車両衝突警報システム」の性能基準や、国土交通省の定める貸切バス向けの特定 ASV 技術にも適合。J21では2011年の発売以来、バス、トラックなどの運輸・運送事業者、大口の社用車ユーザーを中心に約6万台を出荷。信頼性の高さから、国内トラック/バス・メーカーの純正用品にも指定されています。瞬時に危険を知らせる高精度の警報により、追突事故の削減率は約88%を誇ります※

※ 弊社調べ。国土交通省提出調査データを元に1656台を調査。装着前83件の追突事故が、装着後10件に減少

■モービルアイ(Mobileye)社について

半導体最大手インテル傘下にて画像解析、機械学習、マッピングなどの技術を持ち、先進運転支援システム(ADAS)や自動運転技術を提供するリーディングカンパニー。独自のチップセットとアルゴリズムによる同社特有のビジョンベースを基盤にしたシステムで、世界で卓越した存在。自動車メーカー向けの衝突防止補助半導体(OEM)および一般市場向けシステム製品(AM)と自動運転向け半導体が主な製品分野。衝突防止では、累積2,000万台を超える出荷実績を誇り、自動車メーカーに提供する技術を後付のアフターマーケット製品にも適用している。2014年にNYSEへ上場し、2017年3月にはインテル社による買収が発表された。
URL:https://www.mobileye.com/(英語)、http://www.imobile.bz/(日本語)