ITURAN

フリートマネジメントの現状

現在までの加速度センサーによる第二世代のフリートマネジメントは、急加速、急ブレーキ、急ハンドルを監視し、低G運転を実現してきました。しかし、これだけでは道路の凹凸などによるノイズも多く、ドライバーの運転状況を正確に把握することはできません。
一方、第三世代フリートマネジメントでは、実際の事故との相関性の高いヒヤリハット、車間秒数の取り方、車線逸脱などのドライバー行動を分析することで、ドライバーの運転の癖、安全・燃費グレードなどを把握し、更に、過労、睡眠不足、加齢、疾病などによる運転能力の衰えなども把握し、様々な視点から安全を管理することを目的としています。

ITURAN社について

 ITURAN社(イトラン 本社:イスラエル)は、1995年の設立以来、同システムの開発・販売に専業で、現在は、北米Nasdaq市場に上場、本日時点で約530億円の時価総額で2013年の年間売上は約170億円になります。 100万台程度の車両を全世界で管理し、年間20万台のシステムを販売している世界のフリート管理システムの大手です。既に実現しているMobileyeとの連携システムも現在までに1,000台規模で販売、世界規模で1万台以上の導入をご検討しているグローバルなお客様も出始めてきています。

ITURAN導入のメリット

生産性の向上

ITURANは、各車両に設置されたGPSと形態通信モジュールで、車両の位置、状態、運転傾向、燃費情報をといったデータをクラウド上のITURANサーバーにリアルタイムで送信します。ITURANは文字通り「秒単位」のフリートマネジメントを可能にします。

安全性の向上

ITURANはサーバーに蓄積したデータを様々な観点から分析し、ドライバーの傾向を可視化します。GセンサーやMobileyeと連携することで、より精度の高い運転状況を収集することも可能です。これらの情報をつかって、危険な状況をリアルタイムで管理者に連絡したり、ドライバーごとのピンポイントな運転の改善をしたりすることが可能です。

コストの削減

ITURANでフリートマネジメントをリアルタイムとロングタームの両方の観点から実行することで、コストの削減を実現します。たとえばドライバーの安全運転は事故発生率の低下につながります。また、急加速や急ブレーキ、アイドリング時間を減らすことは燃費の向上につながります。

ITURANの第三世代フリートマネジメント

スマートフォンでいつでもどこでも

ITURANのフリートマネジメントは、パソコンがなくてもiOS・Androidアプリを使ってどこからでも操作可能です。

  • 管理対象車両のリアルタイムの情報も過去の情報もその場で確認することができます。
  • 事前に設定した条件を満たした場合に、スマートフォンがアラートという形で知らせてくれます。緊急事態などを知らせるのに便利です。
ITURAN S.O.S

ITURAN S.O.S.は、管理対象車両が事故にあった場合、独自の基準でそれを検知し、被害を最小限に抑えます。

  • エアバッグが作動しなくても事故を検知
  • 事故発生直前の50秒間と発生直後の25秒間の毎秒分の場所、スピード、ディレクションを自動的に保存するので事故を再現することが可能
  • また、1秒に50回の頻度で対象車両の加速度と車両に加わる力を測定します
ITURAN温度管理

ITURAN Temperature Controllは、冷蔵車や保温車の温度を的確に管理するための機能です。

  • 冷蔵されたコンテナの温度をリアルタイムで取得、蓄積して見える化
  • 様々な条件下でSMSまたはEmailのアラートが可能
Mobileyeとの連携

Mobileyeと連携することで、ドライバーの運転状況をより具体的に可視化することが可能です。

  • Mobileyeを搭載している車両からは、警報データ(ヒヤリハット)、車間秒数データを取得
  • より精度の高い運転状況の分析、運転の改善を図ることが可能
  • 危険なイベントを管理者にリアルタイムに通知
Topに戻る