Beamr 5

HEVCコーデック SDK

BEAMR 5

HEVCコーデック SDK

問い合わせ

BEAMR 5

HEVC CODEC SDK

問い合わせ

BEAMR 5の特長

高速エンコード

効率的なパフォーマンスと優れたビデオ品質を両立させ、4K(60p)、36コアまで高速にエンコードします。

ビデオ品質

コンテンツに応じたエンコーディングが可能なエンコーダーはHDR10、Dolby Vision、WCG、14bitカラーまでのサポートするという高機能によって業界のリーダーに使用されています。
HDR10、Dolby Vision、広色域(WCG)、14bitカラーといった、業界リーダーが要求する先進機能を備えています。

広範なサポート

WindowsやMac、Linuxといった幅広いプラットフォームと、HEVC Main、Main 10、Main 12をはじめとするHEVCプロファイルをサポートしています。

HDRのサポート

  • 10 bitと12 bitカラーでディテールとリアリズムを拡張
  • 伝達関数や、輝度値、マスタリングディスプレイを含むSMPTE 2084および2086メタデータのSEIメッセージ
  • より現実に近いカラーレンダリングのためのWCG ITU-R BT.2020標準のサポート
  • Dolby VisionおよびHDR10との互換性


アダプティブ・ビットレート(ABR)のサポート

  • アダプティブ・ビットレート(ABR)の効率的な配信に適した、単一ソース・単一エンコーディングインスタンスによるマルチストリーム出力(マルチ解像度、マルチビットレート)
  • MPEG-DASHなどのさまざまなABR配信手法の利用に適した、堅牢でシンプルなエンコーディングワークフロー

低遅延

  • 4Kまでの解像度を遅延1秒以下でエンコードするリアルタイム性
  • ビデオ会議やビデオ監視、映像によるガイドのある遠隔制御システムといたインタラクティブなソリューションへの最適化
  • 高いビデオ品質を維持した低遅延エンコーディングのプリセット

FEATURES & BENEFITS

先進的なオンザフライ制御

  • 可変Bフレーム設定を伴う先進的なアダプティブGOP構造への低遅延自然順エンコーディング
  • 解像度やビットレート、GOP構造、サンプルアダプティブオフセット(SAO)、デブロッキングなどに対するユニークなオンザフライ制御
  • スケーラブルなシーンチェンジ検出

米ハリウッドスタジオレベルの品質強化

  • 視聴開始にかかる時間やバッファリング時間の短縮によるユーザーエクスペリエンスの向上
  • フィルムグレイン保存制御により、フィルム映画の特徴を残すためだけの必要以上の帯域消費を回避

滑らかなスピードと画質のコントロール

  • コンテンツやハードウェアに最適化するための包括的なパフォーマンスチューニング
  • 現状のビデオワークフローへの統合のためのエンコーディングパラメータ制御のカスタマイズ

先進のビットレート制御と複雑度解析

  • CBRや、VBR、固定QPといったエンコードアプリに適した高性能ビットレート制御
  • 拡張2パスエンコーディングによるフレーム間やフレーム内の複雑度予測で、ビットレートとその安定性や、画質を最適に

堅牢かつ完全なAPI

  • 容易に組み込み可能なライブラリや豊富なドキュメント、さらにエンコーダやデコーダー、アナライザーのサンプルアプリのソースコードを提供
  • シーンチェンジ検出や、GOP構造、ビットレート制御などへの先進的なアクセス
  • 外部からのビットレート制御に対するパラメータ群のオンザフライ変更

特許取得済みの動きベクトル探索

  • ビットレートとその安定性や、画質を最適にするため、Beamr社で開発した特許取得済みの動きベクトル探索アルゴリズムが、拡張2パスエンコーディングで、効果的なフレーム間予測をサポート
  • 非対称パーティション(AMP)や、テンポラル動きベクトル予測、重み付け予測、フェード検出を含むハイモーションコンテンツ向けのツールセット拡張
お気軽にお問い合わせくださいませ。
お問い合わせ

Back to Top