イスラエル企業のVayyar(バイアー)社と代理店契約を締結

高周波3Dセンサーで、物体や人体の内部をリアルタイムに検出・透視

~イスラエル企業のVayyar(バイアー)社と代理店契約を締結~

 ジャパン・トゥエンティワン株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:加藤充、略称J21)は、バイアー・イメージング社 (本社:イスラエル/チェアマン&CEO:ラビブ・メラメド、以下バイアー社)の高周波無線技術を使ったセンサー用半導体製品の日本市場でのビジネス開発、コンサルティングおよび代理店契約を締結しました。

 バイアー社が最初に取り組んだのは、無線レーダー技術を応用した「乳がん」検出の実用化です。現在の乳がん検査は検出の精度が低く、マンモグラフィーは身体に悪影響のあるX線(放射線)を使い、かつ痛みを伴います。そこでバイアー社は、物体を通過する高周波(UWB)という電波の特性を利用した高精度で効率的な方法により、乳がんを3次元画像で再現する手法を編み出しました。

vayyar_uwb_センサー この3Dセンサー技術は、人物や物体の表面だけでなく内部も透視し、さらにリアルタイムで動きを検出できるため、セキュリティカメラやIoTセンサーなどさまざまな用途で応用が可能です。

 バイアー社ビジネス開発担当のオファー・ファミリアは、以下のようにコメントしています。「私たちのゴールは、低価格な3Dセンサーを活用して、世界中の人々に健康で安全な暮らしを提供し、QOLの向上に貢献することです。日本市場での展開に大変期待を持っています」

 J21は、バイアー社と共に、先進技術を使った半導体を日本市場に紹介し、新しい用途提案を行ってまいります。

    主な用途例
  1. 防犯・セキュリティ: 不正侵入者検知、追跡、隣室生体反応検知、火災時煙中検知
  2. 介護・ヘルスケア: 見守りカメラ、人体位置・人数検知、生体反応検知、体勢検知、
    非接触心拍数検知、風呂・トイレ等での体調異常検知
  3. 医療機器: 痛みを伴わない乳癌等の検知センサー
  4. 衝突防止: ドローン、玩具、自動車
  5. 産業用検査機器: 建築物等の非破壊検査、内部構造検知、製品出荷検査
  6. 農業・酪農: 水補給センサー、土壌水分量計測、脂肪分濃度、アルコール度数
  7. IoT : 上記を踏まえたIoTデバイス
  8. スマートフォンの付加機能
  9. ゲーム機器、インプット・コントロールデバイス

Vayyar Imaging Ltd.(バイアー・イメージング)について

イスラエルで2011年に設立された3Dセンサーのハイテクベンチャー企業。バイアー社の高周波を利用した独自センサーは迅速かつ簡単に対象物の中を透過し、リアルタイムでのモニタリングを実現。これまでのイメージング・センサー市場にブレイクスルーをもたらしている。フォーチュン誌トップ500社の企業と提携し、その市場は、建築、農業、スマートフォンのアプリケーション、医療、ロボット、IoTなど多岐に渡る。創業メンバーは、元インテルの役員やイスラエル国防軍のチーフエンジニアで高度な技術と経験を持つ。現在、世界の投資家からの注目も高く、30億円以上の資金集めに成功している。
URL:http://www.vayyar.com/

ジャパン・トゥエンティワン株式会社について

ジャパン・トゥエンティワン株式会社は、1992年9月に創業し、”イノベーションを市場化する”を掲げ、イスラエルを中心に世界最先端のハイテク企業の技術や製品のビジネス開発を日本で展開。主な取り扱い製品には、自動車の後付け衝突防止補助システム「モービルアイ」、車両の運行情報を管理・分析するフリートマネジメントシステム「イトラン」、タブレットの盗難防止製品「コンピュロックス」、プログラミング学習ゲーム「コードモンキー」などがある。
URL:http://www.japan21.co.jp/

<お問い合わせ先>
ジャパン・トゥエンティワン株式会社
東京都渋谷区恵比寿西1-26-7
Tel:03-5456-8540 
Email:vayyar@japan21.co.jp 
Web:http://www.japan21.co.jp/vayyar/

※ VayyarおよびVayyarのロゴはVayyar Imaging Ltd.の登録商標です。 
※ 製品名、サービス名などは一般に各社の商標または登録商標です。
※ 内容は発表日現在のものです。予告なしに変更されることがあります。